docomoのMVNOの格安データ通信SIMの検索・比較ができるWebサービスです。

格安データ通信SIMとは

日本において主な携帯電話会社(キャリア)というと、「docomo」「au」「softbank」の3社になります。
日本では「docomo」が1番通信網を持っていて、それを通信網を持たない他の通信業者に貸し出しています。
この仕組みを「MVNO(仮想移動体通信事業者)」と言います。

通信網を貸し出すことでキャリアを超える通信業者が、あたかも自社で通信網を持ってサービスを行っているようになります。
そのため競争が激しくなり、利用者には通信費が安くなったり、別のサービスを受けられるようになります。

通信網を借りている通信会社が出しているSIMカードは、キャリアよりも安くするために月額料金を下げたり、通信速度に制限をかけたりしています。
それが理由で「格安データ通信SIM」と言われています。

このSIMカードが出始めた時は、通話はできずデータ通信のみしかできませんでした。そのため「データ通信SIM」と呼ばれています。
データ通信専用ですが、実はSIMカードごとに電話番号が付与されています。これはSIMカードを識別するための番号としても使われています。
今ではキャリアが直接提供する以外のSIMカードでも電話ができるようになりました。

今のところキャリア契約外のSIMカードを使える端末は、docomoのスマートフォン・タブレット、SIMフリー端末となっています。
将来的にau、softbank端末もSIMフリー化され、キャリアを意識せずに端末、SIMカードが使えるようになる予定です。